プロフィール

あんこう辺

Author:あんこう辺
魚を触る仕事が大好き。。。
それ以外の趣味といえば、
日本酒をはじめ、お酒類が大好き
ランドナー系の古物自転車趣味
歴史モノ中心の読書三昧の日々
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

名古屋 割烹安兵衛3代目の飲み喰い日記
名古屋熱田でアンコウ、河豚、ハモ、鰻と格闘する日々。 疲れた体をお酒と自転車、読書で癒します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 シングルモルトを楽しむ会 -知多繁さんにて 】
昨日は知多繁さんのウイスキーの会に行ってきました。
小雨の中、ウチから知多繁さんまではちょうど5kmほど。
約1時間を歩いて向かいます。途中、名古屋学院大学で大学祭、中央卸売市場で市場祭り、名古屋国際会議場でもイベントがあったようで、国際会議場周辺が大渋滞になっています。
そんな車の列を横目にせっせと歩き続け、約50分で到着。お店のレジで会費を支払い、会場に向かいます。

ウイスキー会
セミナーのあと試飲。6種類。

左から
●グレンフィディック12年カオランリザーヴ40%
有名な緑のグレンフィディック(ノンピート)を最後の3~6ヶ月ほどアイラ島の樽に移し変えて熟成することでピートの風味を表現。香り強め。潮っぽい感じが程よくウマい。チョコのような香り。カオランはゲール語で燃えかすの意味。

●ザ・シックス・アイルズ43%(ブレンデッド)
アイラ島ジュラ島など6つの島の熟成7~8年のモルトをブレンドした面白い商品。アタックは何だかばらばらな印象だったが、次第に落ち着く。少しだけ水を足すとマイルドになりウマい。潮っぽさがポタージュスープを連想させた。

●ピーツ・ビースト46%
生産地はアイラ島ながら蒸留所は非公開。ラベルは樽のモンスターで、モンスターの吐く火でラベルの左端が焦げた設定。5年熟成と若めの酒でアタックはピリッと強く、フィニッシュもキレよくさっと引いていく。コレが若いということかと、何だか納得。若さと潮の風味がイカの燻製を連想させたあたりに和風な雰囲気を感じたウイスキー。

●アイル・オブ・ジュラ プロフェシー46%
一目見た瞬間から、瓶のデザインの印象が僕の頭の中で20世紀少年になってしまった。非常に丸く柔らかい。13年物をベースに同じ蒸留所のいろいろな年度のものをブレンドしている。ストレートでもスイスイ入る非常に危険な酒。
20seiki.jpg

●ロングロウ14年46%
スプリングバンクのもう一つの銘柄。日本へは300本のみの入荷の限定品。ピートの香りや味わいのバランスの取れた1本。そろそろ酔っ払ってきて、書き込んだコメントが大幅に減っている。

●ボウモア ドーン51.5%
終売品。ポートワインの樽で仕上げ。キャラメルの風味。ポートの香りがヒネたブドウの香りに思えてしまい、あまり好みでなかった。前回のボウモアのワイン樽仕上げもあまり好みでなかったし、こういった変り種商品は難しいね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yasubei1957nagoya.blog.fc2.com/tb.php/74-178ed196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。